メタファー​/​リブラと霊感

by drawin doll

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥500 JPY  or more

     

1.
2.

credits

released July 29, 2016

Music by GUCHI
Lyrics by GUCHI
Mix by On Sound

license

all rights reserved

tags

about

drawin doll Osaka, Japan

contact / help

Contact drawin doll

Streaming and
Download help

Track Name: メタファー
謳い文句は「皆、平等」
救いの手 「ただし信じてればね」
条件付きの平等は果たして

ようなの三文字が
可不可と任意を別つ
一番面倒なオニに見つけられた
人殺しはいけないから
父を殺した兵を
殺しに行きましたとさ

自慰を模した自傷 とんだウロボロス
症状は出ない 翼は翼 信仰は信仰
西は東 東は西

神様は居ないんだよ 機械的な契約で
明け渡せてしまう平和は尚更
踏むか踏まれるかで逆転を秘めてる
イドラによるアイドルの嘲笑なんて…

不特定多数さえを操れば
我が王国が借地権を得られるな
伝統という魔法を使って
改竄した迷える子羊の
涙腺は流行歌

謳い文句は「皆、平等」救いの手
ただし 接着剤が仕込まれているし
口角は攣っている

神様は「ある」んだよ 人口と同数の
対象より信じる心の肯定
磨く物でもない 農耕の時代の
生前の郷愁を取り戻すって事

細胞が日々入れ替わってゆけば
変わらぬものは
目を凝らせば後退している
詩も絵も音も石ころと同じ
使者の環境と受け手の右脳で
やっと役者が揃う

流行りは吹く 世界は変わらない
世界を変えられる人こそ持ってる
「変えるには烏滸がましい」
君に映る僕は人形 雑音か救いか
白を咎める黒は白だから嫌なの

言葉の意味をはぐらかす僕は
種の無い花に近くも臆病な命で
先人が損ねて至る浮世
中傷から隠れ蓑として
抽象へと傾いたみたいに
死後の未知に加担しても不毛
君がオニのかくれんぼ
Track Name: リブラと霊感
時計の針 廻り 結果論張り巡り
先生 禁止事項 on ブラックボード
疑問を浮かべても
大概は疑問符の書き方を知らないから

人は硝子窓破ったり
またある人は堕落、堕落、堕落。

罰 一つ一つに歴史の静脈
今や殆どが鋏を入れられて
饒舌な口振りで諭す比喩に
騙されて現在に至る

消費せよ!納付せよ!学べ!労働せよ!
過食症を患った耳はタコだらけだ
妄想だ!戯言だ!子供の遊び場だ!
そういって揶揄された
表現の自由に立って
謙虚の隙間で下衆顔の本性

時計の針 廻り 結果論張り巡り
警察 検問 絶好調クラックダウン
身振り手振りの本音は
身振り手振りで打ち砕かれる
(ah) 世知辛いわ

差し詰め居場所は地球の真ん中
抗えない『自由』と云う名の『制約』
安全と論理の天秤のバランスの
傾斜を如何に保つのか

理解せよ、殺めるな、
僕が生きる為に。
その実利己主義こそが至上なら皮肉だな
不適切!不適合!無力という割に。
そういって規制された
表現の自由に立って
謙虚の隙間で下衆顔の本性

霊感 信じて疑え 霊感 信じて疑え

罰 一つ一つに歴史の静脈
今や殆どが鋏を入れられた
ズタズタの骸を拾い集めて
乾いた脳内にインプットする

矛先を 方法を 純粋を 霊感を
責め立ててるのはいつも
利権とか都合とか
汚濁した世界にとっちゃ汚濁した僕さ
自殺せず他殺から免れる聡さで

妄想だ!戯言だ!子供の遊び場だ!
そういって揶揄された
表現の自由に立って
謙虚の隙間で下衆顔の本性

If you like drawin doll, you may also like: